お題にTrackbackしてみませんか?
「エキサイトブログ」いかがですか?


こちらに来て一週間と少し経ちました。
この一週間の感想を一言でいいますと面白いです。

投稿した記事に対して読んで下さった方がいることはもちろん、
コメントを付けて頂いた時にはうれしい限りです。

また、その投稿記事に対してまた新たな記事を書き
その記事を“Trackback”と言う形でリンクすること。
この“Trackback”も面白いと思いました。

私は、主に詩と日記をこちらに書いていますが
こんな日記にも“Trackback”して下さる方がいることに
驚きもしましたがうれしかったです。

しかし、物足りなさも感じています。
それは、詩を“Trackback”出来ないからです。
テーマ小説・詩というカテゴリはありますが、
私は未だ個人のHP内に詩を“Trackback”したことがありません。
投稿された詩に対して“Trackback”という形が合わないのかも知れません。

小説・詩で“Trackback”出来る方法はないのでしょうか?
そこで私はない知恵を絞って考えました。
というか発作的にこんなアイデアが浮んで来ました。

それは、いたって簡単なことです。
HP内にお題または、イメージカテゴリを設ける。
具体的には下記の通りです。

1.HP内にお題カテゴリを作る。
2.お題にイメージ画像やお題の言葉を書く。
3.他の方がそのお題に対して、小説や詩を書く。
4.そのお題の記事に“Trackback”する。


どうです?簡単でしょ?
小説では少し難しいかも知れませんが、
詩は出来るのではないでしょうか。

投稿に対して感想は書けますが、
“Trackback”という面白い機能があるのですから
それを使ってみない手はありません。

小説や詩を書く者同士の交流を深めるきっかけとなればと思います。
このアイデア面白いと思われた方は、是非ご賛同下さい。
どうぞよろしくお願いします。

■小説・詩でなくても構いません。

「もしも生まれ変わったら、こんないたずら好きの蜂になりたいなぁ。」
なんていうでもいいですよ!
何か思いついたらTrackbackしてみてくださいね。


こんな感じでやってます。
[PR]
# by dreaming_star | 2004-02-13 19:58 | お題にTrackback
ブログ投稿数解析スクリプト。
ブログ投稿数解析スクリプト。

V-Scoutさんが作られたブログ投稿解析スクリプトです。

こんなの出ましたよ!

a0001563_13239.gif


とても面白いです。
プログラムをご自分で作られるとはすごいですよね。
尊敬してしまいました。(*^-^)ニコ

宜しかったら皆さんもお試しあれ!


■ちょこっと説明!

きっとこの日記だけを読まれた方は
何のことだかさっぱり分からないと思いますので説明しておきますね。

上の「ブログ投稿数解析スクリプト。」は、
昨日私が書きましたblog投稿数の解析結果です。

これは、私の日記を読まれ興味を持たれた
V-Scoutさんがご自分で作られたスクリプトです。
方法は簡単ですので、上のリンクから訪れて見てください。
結構面白いと思いますよ。
[PR]
# by dreaming_star | 2004-02-12 01:33 | その他いろいろ
詩 『 お船のシャワー 』
       
       
       お船さんがシャワー浴びてる
       気持ちよさそにシャワー浴びてる
       漁獲は大事なお仕事だからね
       雨のシャワーで疲れ取っているんだね
       
       お船さんがシャワーを浴びてる
       鼻歌歌いながらシャワー浴びてる
       春海にはまだ早いからね
       ほのあったかな虹のシャワー浴びているんだね
       
       いいな いいな
       いっしょに僕も
       雨のシャワー浴びたいな
       
       きれいだな きれいだな
       虹のシャワー
       僕もいっしょに浴びたいな
       
       
[PR]
# by dreaming_star | 2004-02-11 23:47 | 詩の目次1-100
blog投稿数(訂正版)


ちょこっと興味があったのでこんなこと調べてみました。
『blog投稿件数』
自分のblog投稿番号と時間により、その間投稿されたblog件数を調べてみました。

結果は下記の通り


■blog投稿調べ(訂正版)

no.  日時      投稿番号    経過時間    投稿数(総件数 /// 1時間あたり/// 30分あたり /// 1分あたり/// 1秒あたり)

1.  2/3 21:01.36 /// 2,237

2.  2/4 4:55.50  /// 2,815  /// 7h 54m 14s /// 578 /// 73.16 /// 36.58 /// 1.22 /// 0.02

3.  2/5 5:54.28  /// 4,266  /// 24h 58m 38s /// 1,451 /// 58.12 /// 29.06 /// 0.97 /// 0.02

4.  2/5 6:08.28  /// 4,268 /// 0h 14m 0s /// 2 /// 8.57 /// 4.29 /// 0.14 /// 0.00

5.  2/5 21:11.46  /// 5,190  /// 15h 3m 18s  /// 922 /// 61.26 /// 30.63 /// 1.02 /// 0.02

6.  2/6 5:17.46  /// 5,707  /// 8h 6m 0s /// 517 /// 63.83 /// 31.91 /// 1.06 ///  0.02

7.  2/7 6:27.23  /// 7,126 /// 26h 9m 37s /// 1,419 /// 54.26 /// 27.13 /// 0.90 /// 0.02

8.  2/7 6:39.41  /// 7,137  /// 0h 12m 18s /// 11 /// 55.00 /// 27.50  /// 0.92 ///  0.01

9.  2/7 21:59.51  /// 7,995 /// 15h 20m 10s  /// 858 /// 55.96 /// 27.98 /// 0.93 /// 0.02

10.  2/8 20:49.48  /// 9,003  /// 22h 49m 57s  /// 1,008  /// 44.18  /// 22.09  /// 0.74 /// 0.01

11.  2/8 22:56.08  /// 9,181  /// 2h 6m 20s    /// 178  /// 84.76 ///  42.38 ///  1.41 /// 0.02

12.  2/9 21:21.41 /// 10,369 /// 22h 25m 33s  /// 1,188 /// 53.00/// 26.50 /// 0.88 /// 0.01

13.  2/9 23:39.07  /// 10,600 /// 2h 17m 26s /// 231 ///  101.17 /// 50.58 /// 1.69 /// 0.03

14.  2/10 20:36.08  /// 11,606 /// 20h 57m 1s /// 1,006 /// 48.02 /// 24.01 ///  0.80 ///  0.01

15.  2/10 22:54.16  /// 11,776  /// 2h 18m 8s /// 170 /// 73.91 /// 36.96 /// 1.23 /// 0.02


登録件数が多いものは赤色少ないものは青色で表示。
2/1~2/10までの平均値は、55.68件/h  27.84件/30m   0.93件/m  0.02件/s


■所見

一定時刻の調査ではないので分かりにくいのですが、
投稿の多かったものを上げると

①2/4(水)~2/5(木) 25.02/分 0.41/秒
②2/6(金)~2/7(土) 20.57/分 0.34/秒
にとても多かったことが分かります。

②は週末ということもあり投稿数が増えるのは分かるのですが、
①の週の半ばに投稿が増えたのはどうしてなのでしょう。
やはり、新サイトということもあり、新規登録者が増えたこと
試しに何か書いてみようと思った人が多かったのだと思います。


追記

集計値に謝りがあったようです。どうもすみませんでした。
V-Scoutさんのご指摘があるまで全く気付きませんでした。
24時間を超す時間の計算が出来なかったみたいです。(;´д`)トホホ
V-Scoutさんどうもありがとうございました。

■訂正後の結果

・多い時間帯

13. 2/9 21:21.41~2/9 23:39.07 ///  101.17件/h  ///  50.58件/30m   /// 1.69件/m
11. 2/8 20:49.48~2/8 22:56.08 ///  84.76件/h  ///  42.38件/30m  ///  1.41件/m
15. 2/10 20:36.08~2/10 22:54.16 ///  73.91件/h ///   36.96件/30m  ///  1.23件/m

・少ない時間帯

4.2/5 5:54.28~2/5 6:08.28 ///   8.57件/h ///   4.29件/30m  ///  0.14件/m
10. 2/7 21:59.51~2/8 20:49.48 ///  44.18件/h  ///  22.09件/30h  ///  0.74件/m
14. 2/9 23:39.07~2/10 20:36.08 ///  48.02件/h  ///  24.01件/30m  ///  0.80件/m


この結果から、投稿数の最も多い時間帯は、20:30頃から24時頃の間。
最も少ない時間帯は、時間帯が余りにも広すぎるため一概には言えませんが、
午前中ということになるのでしょう。
やはり、皆さん学校や仕事に行かれているからなんでしょうね。



それにしてもすごい数ですね。
サイト開始9日目にして10,000件を超える投稿があるとは...
恐るべしエキサイト様です。


■余談

少し気になったのですが、10,000件目の投稿をされたのはどなたなのでしょう?
オメデト(*^ー^*)∠※Pan!!。・:*:・あなたが10,000件目の投稿者です。
などとお祝いされたのでしょうか?ちょっとだけ気になります。

皆さん一日にどれくらい投稿されているのでしょう?
こちらも気になります。宜しければ教えてくださいね。
[PR]
# by dreaming_star | 2004-02-11 10:23 | その他いろいろ
「 何だ、これ? 」


 ある日、僕は散歩に出かけた。その途中、とても奇妙なものを見つけた。至る所でいろいろなものを拾うのが好きな僕は、すぐさまその変なものの側に駆けつけた。

 ある程度至近距離まで来ると、その奇妙なもののは、おどろおどろした妖気を漂わせているような、空恐ろしいものがそこにあるような、そんな雰囲気に包まれてその奇妙なものが僕の目の前に転がっていた。

 「うわぁ、何だこれ?」

 遠目では白いものとだけしか分からない。おっかなびっくり、じわりじわり、僕は今にも逃げ出せる態勢で近づき、その白いものと2、3分睨みあいをした。いや、それよりももっと短かったかも知れない。無言の睨み合いというものは、とかく長く感じるものであって、実際には、ほんの10秒ほどしか経っていなかっただろう。

 白いものの正体は、白骨化した動物の上顎だか下顎だかであった。歯がずらりと生え揃い、彎曲していることから、ようやくそれが顎だということが分かり、動物の骨であることを識別することが出来た。人骨を見る機会がなければ、動物の骨と人骨との違いさえ分からず、今も恐怖に慄いていたかと思うとぞっとするが、人骨を見る機会などもうやって来て欲しくはない。

 動物の骨でも骨は骨、怖いものには代わりない。僕はその骨の横をそそくさと通り抜けた。「何を殺生な。」とお思いの方もいらっしゃるだろうが、「成仏してくれよ。」などと骨に向かって手を合わせようものなら、動物魂は、たちまち僕にくっつき背後霊になり、引き離そうとしてもそう簡単には離れず、終生この背後霊を背負っていかなければならない。無縁仏はかわいそうだけれど、そんなことはご簡便!、と僕は無心、無言でその場を走り去った。

 帰り道、またあの無縁仏の道を通らなければならなかった。遠回りしても良かったのだが、日も暮れかかり、寒くなり出したので、僕はしぶしぶあの道を通ることにした。

 「うわぁ、白骨が動いてる。」

 来た時は、上顎だか下顎だか分からなかった骨が、今度はしっかりと元あった目をこちらに向けていた。少し凄みをきかせて睨んでいるようにも見える。きっと烏がいたずらをして動いたのだろう。

 「これは上顎だったんだ。」

 上顎だったと分かったからといって、浮かれ気分になるはずもなく、僕はただその上顎の前で微動することも出来ず、帰り道を立ちふさがれた状態になった。どうすればいいかかと考えてみても、いい知恵は浮かぶはずもなく、ただ暮れていく夕日を見つめ、冷たくなり始めた手をポケットに突っ込んだ。

 カチリ。手に何か当たった。

 「何だ、これ?」

 ポケットからそれを取り出して見ると、祖母の形見の入れ歯だった。なんでこんなものがポケットに入っているんだ、と不思議に思いながらも、その白骨に向かって祖母の形見の入れ歯を投げた。すると、動物の上顎の下にカポッとはまった。少し噛み合せが悪いようだが、白骨は喜んでいるようで、カチカチと音を立て始めた。そして、林の奥に消えて行った。

 これで一安心、さぁ、帰ろうか。と思いきや、そうだ、祖母の形見、大事な入れ歯があの白骨に持って行かれてしまった。後を追う勇気もなく、僕はしぶしぶ帰途に着いた。

 意気揚々などとは言えないけれど、白骨退治出来たことに少し安堵している矢先、ボテッ。

 「痛ッ。」

 空から蜜柑が降ってきて、僕の頭に見事命中したのだ。空を見上げると、烏が飛んでいた。一羽やニ羽ではなく、十数羽の烏が空を埋め尽くす黒い雲のようにワサワサと飛んでいた。その一羽が僕を目掛けて蜜柑を降らせて来たのだ。それを合図に他の烏も僕を目がけて蜜柑の雨を降らせてきた。

 「烏め、覚えてろよ。」

 烏たちの蜜柑攻撃の合間をすり抜け、ようやく家に辿り着いた。蜜柑まみれの僕はもうへとへとになりながらも、祖母の仏前に線香を供え、鈴を鳴らし合掌すると、

 「今日は随分と楽しんだようだね。」

 祖母の声がしたような気がした。入れ歯は大丈夫だったんだ、と安堵しながらも、

 「今日は散々でしたよ。」

 と、祖母に報告したのだった。

_____________________________________________________________


上の話は以前僕が書いた日記であるが、この話には続きがあったのだ。

先日、TVを見ていると、「死体遺棄事件」ニュースをしていた。

詳細は下記の通り

●発生日時:平成15年12月頃~平成16年1月30日までの間
●事件概要:1月30日、「○○村」において、頭蓋骨などの人骨が発見された。
      現在のところ身元は判明していない
●特徴及び推定事項
  ・年齢等:30~50歳くらいの男性
  ・血液型:A型
  ・その他:死後1~2ヶ月
       前歯に隙間 など

_____________________________________________________________


もしかすると、この白骨は僕の見た骨に関係があるのではないか
と少し思いはしたが、でもあれは動物の骨だったはず。
違うのは分かっているけどやはり気になって仕方がなくなり、
僕は、またあの薄気味の悪い骨のあった場所に行って見た。

しかし、骨はどこにも見当たらなかった。

果たして骨は一体どこへ消えたのか、
はたまたあれが事件の白骨なのか・・・。
謎は解明の糸口も掴めず迷宮入りとなってしまった。

僕の見た骨は一体何の骨だったのだろう。
不安が僕の心を今も過っている。
[PR]
# by dreaming_star | 2004-02-10 20:36 | 日記
火星

■火星シーズン終了

2003年2月から東の空に見えはじめた火星。
8月28日には「6万年ぶりに」5,576万kmの距離にまで地球に大接近しました。
騒がれ始めた頃には、天体望遠鏡は店頭から消えているという一種の社会現象まで
起こしたその火星大接近の騒動に終止符が打たれようといます。

今年の火星は、次第に地球から離れて9月6日には最遠となってしまいます。
見かけの大きさ(視直径)も、昨年8月の大接近のころ25秒角と比べ、
9月の最遠のころにはわずか4秒角となってしまいます。

2月15日、西南西に輝いている火星のシーズンも終了しますが、
4月下旬には、金星と火星はもっとも近づき、美しい眺めとなると言われています。
見納めにもう一度夜空に輝く火星を探して見てはいかがでしょうか。

火星こよみ 2003

■雑学

火星は、英語でマーズ(Mars)
これは、ローマ神話の軍神マルスのこと。
3月のことを英語でマーチ(March)、この月の呼び名はマルス(Mars)からきています。
フランス語では、「火星(Mars)」
「3月(mars)」の両方をマルスと発音します。
ローマの神話のマルスは、 ギリシャの軍神アレスと関連づけて考えられるように
なる以前には、 農業の神だったといわれています。
だから芽吹きの季節、「3月」の名となっているのかもしれませんね。
[PR]
# by dreaming_star | 2004-02-09 21:21 | 天体・星
詩 『 緑蕚梅 』
a0001563_22558.gif
       
       
すっと伸びた枝の先
緑の梅の花が咲く
蕚と細枝その先に
濃緑染まる花開く
                  

[PR]
# by dreaming_star | 2004-02-08 22:56 | 詩の目次1-100