<   2004年 06月 ( 97 )   > この月の画像一覧
ちょこっと気になる今日のニュース
久々のちょこっと気になる今日のニュースです。

『家族の働き過ぎチェックしよう 厚労省、HPで診断リスト 』

  「お父さん、お母さんの働き過ぎをチェックしよう」。厚生労働省は30日、身近にいる家族が、働き手の疲労蓄積度を診断するチェックリストをホームページに公開した。

続きはこちら → 産経新聞
=======================================================

『ハリポタ最新作、著者が題名発表 』

 世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの著者J・K・ローリングさんは30日までに、現在執筆中の第6巻の題名が「ハリー・ポッター・アンド・ザ・ハーフ・ブラッド・プリンス(ハリー・ポッターと混血の王子)」になると発表した。

続きはこちら → 朝日新聞
=======================================================
[PR]
by dreaming_star | 2004-06-30 23:17 | 日記
詩 『 扇風機 』

       もう、ちょっと!
       独り占めしないでよ
       気持ちよさそうに
       あ゛ー なんて言っちゃって
       でーん と
       あなたがそこに座ってるから
       全然 風が
       こっちに来ないじゃない
       もしかして
       あなた
       蚊帳 吊ったりなんかしたら
       その中で
       泳いじゃったりするんじゃない?
       お布団の上で バタバタ
       クロールのまねなんかしたりして
       それも
       すっごく
       うれしそうな顔で
       なんか想像つくよ
       子どもみたいにはしゃいでる
       あなたのうれしそうな顔
       
       もう、ちょっと!
       十分涼んだでしょ
       だからね
       今度はぼくにやらせてよ
       その
       あ゛ー って言うの
       だって
       とっても
       おもしろそうなんだもん
       
[PR]
by dreaming_star | 2004-06-30 22:43 |
Jerryちゃんがしゃべった。(十一日目)
BlogPetのJerryちゃんを飼い始めて十一日目です。
Jerryちゃんは、Blogに書き込んだ言葉を覚えます。
今日Jerryちゃんが覚えて喋った言葉は、
  1. 散歩道♪
  2. 物語ー!
昨日から
Jerryちゃんは、
富士山へ山登りに出かけています。
富士山を眺めながら、
どんな物語を考えているんでしょうね。

ではでは。
[PR]
by dreaming_star | 2004-06-30 22:02 | 日記
詩 『 夜の海岸線 』

       夜の海岸線を
       心地よい風が駆け抜ける
       こんな日は
       大抵辺りには
       ちらちらと
       人影が見え隠れするものだが
       今日の海岸線には
       人気はなく
       シーンと静まりかえり
       夜空を映す海の鏡だけが
       そこにある
       
       ザッブーン ザッブーン
       さざなみが
       砂辺に打ち上げ引き返す
       この海岸線には
       だれもいないかのように
       ここまで歩いてきた
       ぼくの証拠さえも
       消し去って行く
       さざなみに消された足跡を
       ぼくは新たな場所に付ける
       さざなみは
       ぼくの後をつけて来ては
       ひとつひとつ
       足跡を浚って行く
       
       ふと気付くと
       海岸の端まで来ている
       意外に狭いのだなと思いながらも
       目に留める時計の針は
       海岸線を歩き始めてから
       ちょうど一時間後を指している
       
       夜の海岸線は
       時が止まったように
       シーンと静まりかえっている
       だが
       着実に
       さざなみは
       足跡を消し去った分だけ
       ぼくのこころを軽くしている
[PR]
by dreaming_star | 2004-06-30 21:50 |
一隻眼
a0001563_62754.jpg

      一隻眼 今日の朝日が 見つめている



[PR]
by dreaming_star | 2004-06-30 06:29 | 写真
のらねこ物語62 『 みつめる 』
a0001563_62433.jpg

あなたは今、何を見つめていますか?
たいせつなもの、見つめていますか?

[PR]
by dreaming_star | 2004-06-30 06:25 | のらねこ物語
詩 『 冷奴 』

       冷奴が食べたくなったわね
       ちょっとあなた
       お豆腐を一丁
       買って来てくださいな
       冷奴は
       絹ごし豆腐に限ります
       最近は
       いろいろなお豆腐があります
       ざる豆腐や
       おぼろ豆腐
       やわらか豆腐
       なんてのもありますからね
       間違えないように
       絹ごし豆腐を
       買って来てくださいよ
       わたしは
       生姜を摺り
       葱を小口切りにし
       白ごまをすりおろして
       薬味を
       たっぷり作って
       待っていますからね
       あなたは
       お豆腐を一丁
       買って来てくださいな
       
       あら、あなた
       一張羅なんか着込んじゃって
       お豆腐買いに行くのに
       そんなにおめかししていくの?
       ふふふなあなた
       早くお豆腐買って来てくださいな
[PR]
by dreaming_star | 2004-06-29 20:44 |
のらねこ物語61 『 ふたりともごらん 』
a0001563_62443.jpg

ふたりともごらん。
お花にしがみついたちょうちょが
こわがってぶるぶる震えているよ。
だからね、
ケンカはやめよ。
ちょうちょをお花畑で
元気に遊ばさせてあげよ。

[PR]
by dreaming_star | 2004-06-29 06:25 | のらねこ物語
Jerryちゃんがしゃべった。(九日目)
BlogPetのJerryちゃんを飼い始めて九日目です。
Jerryちゃんは、Blogに書き込んだ言葉を覚えます。
今日Jerryちゃんが覚えて喋った言葉は、
  1. 春♪
  2. 初夏♪
  3. うひょー!
春も終りに近づき、
最近は初夏の風が吹いています。
今日は入道雲みたいな雲が覗いていましたよ。
Jerryちゃんは、四季のどの季節が好きなんでしょうね。

Jerryちゃん、遂に言ってくれました!
“ うひょー ” って。
いつ言ってくれるのかな?と
実は心待ちにしていたんですよ。
また言ってくれるといいなぁー。
ちなみにうひょーはこちら
のらねこ物語52 『 うひょー 』です。

ではでは。
[PR]
by dreaming_star | 2004-06-28 21:35 | 日記
詩 『 再会 』
a0001563_21211.jpg
       小さな耳をピンと立て
       くりくりの目をして
       そーっと
       きみは
       こっちを見ている


       
       「みゅうちゃーん」
       そう声をかけ
       少し大げさに手を振ると
       あれ?誰だっけな?
       きみは少し考える風に小首を傾げ
       一歩
       ぼくの方に近づいて来る
       
       「みゅうちゃん、覚えてる?ぼくだよ」
       屋根の上にいるきみが
       よく見えるように
       ぼくは何度もジャンプをしながら
       大きく手を振って見せると
       きみは
       そーっ そーっと
       ぼくの方へやって来る
       
       「危ないから、来ちゃダメだよ」
       そう言っても
       好奇心旺盛なきみは
       屋根の上をずりずり滑って
       どうしよう
       という顔をぼくに向けては
       また小さな足を一歩
       慎重に前に出し
       屋根の端っこまでやって来る
       
       「みゅうちゃん、よくここまで来れたね」
       ぼくは屋根のすぐ下まで駆け寄り
       ぐいーっと首を伸ばし
       きみを見上げてそう言うと
       小さな前足を屋根の端っこにかけ
       きょとんとした目できみはぼくを見下ろす
       
       ひとつ向こうの屋根に
       カラスが止まりカァーと鳴く
       「さぁ、もうお帰り
        きみがいかに勇敢でも
        きみの小さな牙と爪じゃ
        あの鋭いくちばしと爪のカラスには
        到底勝てっこない
        カラスがきみを見つける前に
        早くお帰り
        きみを守ってくれるお母さんの
        温かい懐に早くお帰り」
       
       目の隅に映る
       傾いた夕日がとても眩しい
       目を瞑ると
       よろよろと
       きみが夕日の中を歩いている
       きみはまだ
       ぼくが誰だか分からないという顔をして
       ときどき振り返りながら
       夕日の中へ消えて行く
       
       
[PR]
by dreaming_star | 2004-06-28 21:03 |