2005年 10月 25日 ( 1 )
飛猫
飛猫 ねこ 写真
a0001563_22572742.jpg
軽軽と
屋根から飛び降りる
ねこの姿に
あの頃の記憶が蘇る

学校の帰り道
道沿いには1メートルほどの川が流れ
友だち5,6人と
道草をして帰るのが日課だった

道端に放り投げたランドセルの横
ぼくらはうつぶせになり
一列に行儀よく泳いでいく
メダカやフナたちを観ていた

「ここに、ヤゴがいるよ!」
いつの間に渡ったのか
少し低くなった川の向こう側で
友だちが一人
身を乗りだして川の中を指差していた

川のこちら側からは
彼の指差すものは見えなかった
「どうやってそっちに渡ったの?」
川のこちら側にいた誰かが言うと
「飛び越えたのさ」
椅子の上から飛び降たんだ
とでも言っているような口ぶりだった

ひとり
またひとり
川の向こう側へと飛び越えてゆき
気が付くと
川のこちら側に残ったのは
ぼくだけだった

「ぼくが飛び越えられたんだから
 きみにも出来るよ!」
川の向こう側から
はやし立てる声に混じって
励ましの声が聞こえてきた

いち、にの、さーん!
ぼくは
片足ずつ蹴り上げ
両腕は万歳をした格好で
川の向こうめがけて飛び上がった

そのとき
ぼくは
空を飛んだ
少しだけ
空に近づいて
飛んだ気分になっていた

地に這いつくばり
飛ぶことさえしなくなった今
飛ぶねこの姿に
あの頃の自分を
見たのかもしれない
[PR]
by dreaming_star | 2005-10-25 23:00 | のらねこさんの写真