平成15年度消費税改正ー総額表示について
平成16年4月から「 総 額 表 示(消費税を含んだ価格) 方 式」がスタートします。

今朝新聞を読んでいますと、平成16年4月から商品の値札が総額表示に変わると言う記事を眼にしました。私の近所のスーパーでは、商品の値札や店内表示が総額表示に変わりました。一体総額表示になるとどう変わるのかな?と思い、総額表示について調べてみることにしました。

■総額表示とは

 課税事業者が不特定かつ多数の者(消費者)に課税資産の譲渡等を行う場合において、あらかじめその取引価格を表示する場合には、消費税額(地方消費税含む)を含めた価格を表示することが義務付けられます。
 あらかじめ(事前に)消費者に対して行われる価格表示であれば、どのような表示媒体により行われるかを問わず総額表示の対象となります。

 例えば、商品の値札、店内表示、カタログ価格、インターネット上の広告表示価格等が対象となります。したがって、課税資産の譲渡後に取り交わさせる、請求書、レシート、領収書等は総額表示義務の対象とはなりません。

■財務省「消費税における総額表示方式」

 財務省「消費税における総額表示方式」には、
「総額表示の義務付け」は、消費者が値札等を見れば「消費税相当額を含む支払総額」が一目で分かるようにするためのものです。
「総額表示」が実施されることにより、消費者は、いくら支払えばその商品やサービスが購入できるか、値札や広告を見ただけで簡単に分かるようになりますし、価格の比較も容易になります。これにより、これまで価格表示によって生じていた煩わしさが解消され、消費税に対する国民の理解を深めていただくことにつながると考えます。

 とありますが、この総額表示によりいくら払えばいいかすぐに分かる反面、私たちが払っている消費税額は、目に見えなくなってしまい、一日いくら消費税を支払ったのか計算機を使わないと分からなくなってしまいます。
 現在消費税は5%ですが、消費税15%という時代がやってくるかも知れません。そのときのことを考えてみましょう。



 例えば、一日1,000円の買い物をしたとします。消費税15%だとすると、150円となります。
5人家族が一日150円の消費税を一年間払うとすると、
5人*150円*365日 = 273,750円 となります。



■総額表示について思うこと

 一年間消費税として支払う額は相当な金額となります。その消費税を私たちの目の前から消してしまうのがこの総額表示です。消費者を惑わす表示の改善と言われていますが、実は消費税額の非表示により、消費税の認識をさせないためではないのでしょうか。
 消費税は本体価格ではなく、国民の私たちが支払っている税金なのだということをよく認識し、その税金を国により有効活用するよう要求する義務があることを忘れてはいけないと私は思います。
[PR]
by dreaming_star | 2004-03-24 10:26 | その他いろいろ
<< サウジアラビア童話 『 お母さん 』 朝から大笑い。 >>