詩 『 上り階段 』
お題 「 石段 」

       ズンパパ ズンズン ズンパッパ
       ズンパパ ズンパン ズンパッパ
       
       蟻さんが石段を上る
       背丈の百倍ありそうな
       気が遠くなる石段を
       えっちらおっちらと上る
       
       よいこらしょ どっこいしょ
       なんて言わないで
       ズンパパ ズンズン
       時々横っ飛びしながら
       楽しそうに上るのさ
       
       蟻さんが石段を上る
       短い足の関節を
       器用に屈伸させながら
       えっちらおっちらと上る
       
       上るときは大股 平面は小股で
       それも変なリズムに合わせて
       ズンパパ ズンズン
       時々ひっくり返りながら
       さも楽しそうに石段を上るのさ
       
       ズンパパ ズンズン ズンパッパ
       ズンパパ ズンパン ズンパッパ
       僕も一緒に上ってみる
       ズンパパ ズンパン ズンパッパ
      
       
[PR]
by dreaming_star | 2004-03-23 20:50 | 詩の目次1-100
<< 朝から大笑い。 お題 「 石段 」 >>