わんこライダー

曇り空の下、散歩に出かけた。自転車でシャカシャカ走っていると、
黒と白のジャケットに身を包み、颯爽と風のようにこちらにやって来る
ライダーに出会った。

バイクの車種は知らないので、何かは分からなかったのだが、とても
大きな黒いバイクで、サイドカーが付いていた。

そのサイドカーに乗っている人?を見て、不覚にも叫んでしまった。
「カワイイ!」と。

そのサイドカーには、シベリアンハスキーが、バイク用のゴーグルを着
けて乗っていたのだ。

ゴーグルを着け、きちんと前を向いておすわりをしている姿は何とも
言えない凛々しさがあり、ライダーそのものだった。
名付けるとするならば、わんこライダーだろう。

またあのわんこライダーにお眼にかかりたいものだ。
[PR]
by dreaming_star | 2004-03-21 22:59 | 日記
<< 詩 『 小高い丘の上 』 詩 『 沈丁花の径 』 >>