詩 『 沈丁花の径 』

       君と通ったあの道は 僕らだけの通り道
       肩を寄せやっと通れるくらい あの道は細い道
       
       あの道を知っているのは 君と僕と風 他は誰も知らない
       あの道を通れるのは 君と僕と風 他は誰も通らない
       
a0001563_213835.jpg

       あの青い空も あの白い雲さえも あの道を知らない
       あのおてんとさんも あの雨神さんも あの道は通らない
       
       君と通ったあの道は 僕らだけの道
       君と僕と風だけが知ってる 匂い立つ花の通り道
[PR]
by dreaming_star | 2004-03-21 21:39 | 詩の目次1-100
<< わんこライダー あったらいいなぁが出来た!(ネ... >>