詩 『 坊主めくり 』
詩集 百人一首で坊主めくり
       百人一首で坊主めくり
       みんなでわいわい坊主めくり
       タンスの奧から引っ張り出した
       百人一首で坊主めくり
       
            人はいさ 心もしらず ふるさとは
            花ぞ昔の 香に匂ひける
       
       なんて言っても
       みんな上の空だし
       
            君がため 惜しからざりし 命さへ
            ながくもがなと 思ひけるかな
       
       紀貫之とか藤原義孝とか
       ちんぷんかんぷん
       
       でも
       坊主はめくりは出来るね
       みんなで
       坊主めくりは出来るね
       
       武家装束の殿が出たら
       とぉー
       女装束姿の姫が出たら
       一オクターブ高い声で
       ひぃー
       坊主が出たら
       みんなで笑い合いながら
       ぼぉーっ
       
       百人一首で坊主めくり
       みんなでわいわい坊主めくり
       うーんとつきを試してみる
       坊主めくり 楽しいね
       
[PR]
by dreaming_star | 2004-08-16 23:45 |
<< メンテナンスに伴うサービス一時... 夏の散歩道5 『 赤とんぼ 』 >>