もしかしてミーハー?

私は苦手なものがあります。それは、ミーハーな人たちです。ミーハーな人たちは、絶えずその主となる人やモノの話をします。特段その人やモノに興味のない私にとっては、話題についていけるはずもなく、ただただ蚊帳の外にいるしかありません。
ついて行けない話題だけならいいのですが、彼女(彼でもいいのですが)たちは、語尾にハートマークをつけ、甘ったるい声で話しますので、聞いていると背筋がぞくぞくし、鳥肌が立ってきます。

そんな私ですが、先日、町中を歩いていますと、キルトアート展をしているギャラリーを見つけたのです。どなたのかと思い、店頭のポスターを見ますと、キルトアートの絵本などを出版されているのを、何度か書店でみたことのある先生の個展でした。花をモチーフにした優しい雰囲気のあるキルトアートに、少し興味を持っていた私は、見て行くことにしました。ギャラリーに入り観ていますと、フロアー内が急にざわつき出しました。どうしたのかと周りを見てみますと、ご本人が来られていたのです。その時は、「ふーん、こんな感じの方なんだ。」と思ったくらいでした。「先生~!」と呼ばれ、サインをせがむファンたちに囲まれて、たちまち姿が見えなくなりました。先生も大変ね。と思いながら、私は鑑賞を再開しました。

見終わった頃には人集りも消え、ギャラリー内は元の静けさを取り戻しました。もう先生は帰っちゃったんだろうな、と思いながらも、ギャラリー内をぐるり見渡しますと、隅の方に先生を発見!誰かとお話をされていました。その時私は「こんなチャンスは滅多にない!」と思い、ショップで先生の絵本を購入し、サインを貰いに行ってしまいました。快くサインをしてくれる先生に、思わず「以前から先生の絵本大好きでした。」と、言い、厚かましくも握手までして貰っていました。

私、もしかして、ミーハーしてる?
終始にんまりしていた顔が、その時、ちと凍りました。私も彼女(彼でもいいのですが)たちと同じだったのね。少し落胆しながらも、絵本に書いて貰った名前入りのサインを見ては、にんまりしてしまいました。
[PR]
by dreaming_star | 2004-03-20 00:26 | 日記
<< 雪舟の墨画が新たに国宝に指定。 詩 『 夜の海 』 >>