詩 『 青い鳥 』

       おうおうと鳴る
       どうしようもない怒り
       こねる粘土は
       何も形作りはしない
       うらみ辛み
       憎しみや悲しみも同じ
       いったん形作りはするが
       高温で熱せらたガラスのように
       焼きの途中
       釜から取り出すとき
       張り裂け
       砕け散る




       平和の鐘が鳴る
       平和を祈り
       こねる粘土は
       白い鳩を象る
       誓いの言葉は
       いのちを吹き込み
       絶え間なく
       打ち鳴らされる
       平和の鐘の音に乗り
       大空を羽ばたく
       しあわせの
       青い鳥になる


[PR]
by dreaming_star | 2004-08-07 23:13 |
<< のらねこ物語101 『 わから... のらねこ物語100 『 げんき... >>