詩 『 台風 』

       今朝ほどから吹き付ける強風が
       声色を変え
       ゴーゴーヒューヒューと唸っている
       きっちり閉めた筈の窓の隙間から
       空恐ろしい声が轟き
       街路樹はみな
       ワッショイワッショイ
       神輿を担ぎ騒ぎ立てる
       カーンカーンカーン
       軒先に垂れ下がる看板は
       打ちつけサイレンを鳴らし
       ぼくは
       台風の進路上に程近い
       知人に電話をかけ
       留守番電話に留意の伝言を残す
       接触の悪い蛍光灯が
       ピカピカーン
       数秒後に灯るように
       知人から折り返しの電話がかかる
       安堵しながらも
       知人の明日の安否が気にかかる
       カーンカーンカーン
       看板の激しく打ちつける音が聞こえてくる
       明日の台風情報を伝えるニュース
       真っ暗で見えない大粒の雨に
       早く過ぎ去って欲しいものだと思いながら
       ぼくは
       強風を静めるように
       きっちりと窓を閉め明日に備える
[PR]
by dreaming_star | 2004-07-31 20:43 |
<< のらねこ物語94 『 いつでも... のらねこ物語93 『 せみがな... >>