詩 『 清流 』
a0001563_0742.jpg       森の奧
       まだ誰も
       足を踏み入れたことのない
       奧の奧
       
       覆う樹海
       まだ誰も
       合間見たこともない
       その樹木の先
       
       静寂の真中
       連ねられた水旋
       紡ぐ絹糸のように
       
       寒涼の真中
       灼熱に照らす水流
       砂丘の砂のように
       
[PR]
by dreaming_star | 2004-03-15 00:08 | 詩の目次1-100
<< 九州新幹線 波 >>