詩 『 願い 』

       無数の星々
       織り成す天の川
       その上を
       夏の大三角形がなぞり
       大三角形のその頂点
       こと座 べガ
       あなたは輝いている
       
       その足下
       はくちょう座のデネブと
       わたし
       わし座のアルタイルは
       あなたと同等の明光で
       輝こうとするが
       競い合い放つ光では
       あなたのその輝きには
       到底適わない
       
       わたし
       わし座のアルタイルは
       こと座ベガ あなたほど
       輝いて見せることが出来ない
       だからわたしは
       五色の短冊に想いを託す
       黄の短冊には友情を
       青い短冊には温情を
       紫の短冊には厚情を
       赤い短冊には愛情を
       白い短冊には純情を
       
       燃えるような
       篤い情熱を短冊に託し
       流れる天の川に
       溢れる想いを言葉にして
       こと座 べガ
       あなたに届けと
       願いをかける
       
       夏の大三角形
       形作る星々のなか
       大きな三角形の頂点で
       輝くあなたは
       わたしたちの目印
       
       探し出して下さい
       あなたの足下に
       ひっそりと輝いて見せる
       わたし
       わし座のアルタイルを
       あなたに宛てた短冊を頼りに
       わたしを探し出してください
[PR]
by dreaming_star | 2004-07-07 23:55 |
<< Jerryちゃんが消えた。 のらねこ物語69 『 ねぇ、か... >>