詩 『 雷雨 』

       暗闇に青い稲妻が走る
       三十秒後
       ゴロッゴロッゴロッと
       雷が鳴る
       あぁ、まだ遠い
       雷はまだ遠い
       
       そう思えど
       あの青い稲妻を見ると
       ぼくは空恐ろしくなる
       あの青い稲妻が
       閃光となり
       夜の闇を覆い尽くす
       
       閃光は
       真昼の太陽よりも眩しく
       ぼくの目の中に飛び込んで
       数十秒間のうちに
       ゴロゴロッと
       バリバリッと
       打ち上げ花火なんかより
       ずっとずっと
       胸を打ち鳴らす
       空恐ろしい音を轟かせる
       
       雨が
       雨が降っている
       閃光を走らせ
       ぼくの胸を轟かせる雷が
       ぼとぼとぼとぼと
       雨を降らせている
       

-------------------------------------------------------

雷は光って10秒後に音が聞こえたら
その距離は3.4㌔と言われています。
雷までの距離を計測するタイマー mthundert
(フリーウェア)なんてあるんですね。
これを使うと、より正確な距離が測れるかも知れませんね。
[PR]
by dreaming_star | 2004-06-27 22:30 |
<< のらねこ物語60 『 まちがい... Jerryちゃんがしゃべった。... >>