詩 『 目次1-100 』

あたたかな日差し の中 辛の境界線 に向かへば、 水仙のうた が聞こえてくる。
乙女よ 天秤 のごとく心は揺れようとも、 行け、諦めるな!

ルルルな朝 に、 緑蕚梅 頭痛のむし は駆け廻ろうとも、
干し柿 お船のシャワー が降ろうとも、
ギョロッケ 1917 回、 Hello と言えば、
雪解け 春一番 がやって来て、を残さぬよう 折り紙 に乗って飛んで行く。

強すぎる思い 眠り
山登り 距離 いろいろ 給食当番 の出番があり、
さざなみ 月と星 ため息つきたいとき を知っているから、
夕焼け雲 愛情に変わるとき 魚になる

のあるきみの手を握り締め、ぼくは おさんぽ
予言 の通り、 午前5時 きっかりに 春雨 は降り始め、
傍にいたいけれど もしも一つだけ ぼくに遣り残したことがあるのなら、
この道の先 ランドセルと鈴 を鳴らせながら、 しき しき2 を探しに行きたい。

あなたの瞳の奧には 置手紙 も残せないけれど、
雪霧 チューリップ が咲く 夕暮れ時
アイロン汽車 がシュポポポー、 小石 の形の蒸気を上げると、
鳴かなくなった鳥 素直 に歌い始め、
和み 、例え ぶさいく と言われようとも、
さくら缶 を持って ハクモクレン の花を咲かせる 清流 へピクニックに出かける。

休刊日 にも 蝶々 ありがとうしか言えない苦情係 を連れて、
春海 夜の海 を廻り、 コーヒーメーカー は、やっぱりトラブルメーカーだ。
と、ぶつくさ言いながら、 沈丁花の径 を過ぎ、
小高い丘の上 靴下 のまま 上り階段 をゆく。

頂きものの葡萄 素敵家族 は、玄関口で押し問答し、
忘れ物 をした しろいくもとにじばし が、 さくら 透き間 から現れ、
無言 花見客の皆さんへ どうぞ私に構わないで下さい。
と、のように消えていく。

春の北風は晴れ 海鳥 がうわさをすれば、
少年と鳩 別れのとき 干潮 が架かる。

涙を溜めた少女 は、 ショボショボの目 をして、
無心 手に咲く桜 を見つめる。

憎まれっ子 は、 笑う自転車 に乗り、 牡丹 のような笑顔をして、
永遠 たそがれ色の瞳 雨のち晴れ と言わんばかりに、
小さな花嫁 つないだ手 をブンブンと振る。

こんな夜は ノンタンの洗濯 日和、
残桜 ゆったりとした時間 地震 のような声を上げ、
兄さん と叫びながらも、
あたたかな日差しの中、ひらひらと舞い降りる。


------------------------------------------------------

日付の古い順に並んでいます。
[PR]
by dreaming_star | 2004-06-15 22:06 | 詩の目次1-100
<< 詩 『 あたい 』 のらねこ物語47 『 そこにい... >>