詩 『 緑風 』

       薫風が
       野原を駆ける
       しろつめ草は
       被る雪色帽を
       麦藁帽に変えて
       一斉に手を振る
       
       緑雨は
       白糸を風に光らせ
       木々の葉の
       吐き出す息に
       緑陰の足を伸ばす
       
       野山ひと山駆け廻り
       山を荒す青嵐
       
       伸ばした丈の長さほど
       緑蕪色濃く風香る
       
[PR]
by dreaming_star | 2004-06-09 21:45 |
<< 詩 『 太陽さん 』 のらねこ物語41 『 わぁー 』 >>