詩 『 鏡2 』


       な ん か 変
       な ん か 変 だ よ
       太 陽 は 西 か ら 昇 っ て
       月 が 東 へ 沈 ん で い く ん だ よ
       君 は 明 日 の 方 向 に 駆 け て い く か ら
       僕 が 追 い 駆 け よ う と す る と
       そ っ ち は 昨 日 の 方 向 だ よ っ て
       み ん な が 笑 う ん だ よ
       明 日 の 方 向 と 昨 日 の 方 向
       ど こ が ど う 違 う の さ
       教 え て く れ よ
       僕 に は
       全 然 分 か ら な い よ
       
       な ん か 変
       な ん か 変 だ よ
       鏡 に 映 る 僕 の 顔 が
       い つ も と 少 し 違 う ん だ よ
       君 の 顔 も 母 さ ん の 顔 も
       い つ も と 同 じ 顔 で
       笑 っ て る は ず な ん だ け ど
       ど こ か が 違 っ て る か ら
       引 き つ っ た 顔 で
       怒 っ て い る よ う に 見 え る ん だ よ
       ど こ が ど う 変 わ っ た の さ
       教 え て く れ よ
       僕 に は
       全 然 分 か ら な い よ
       
       そ う 言 え ば
       い つ か 母 さ ん が 言 っ て た っ け
       人 の 顔 は
       眉 毛 の 位 置   目 の 形   鼻 の 曲 が り 方
       頬 の こ け 方  歯 並 び   耳 の 位 置 も
       み ん な 同 じ に 見 え る け れ ど
       本 当 は 同 じ じ ゃ な い ん だ よ
       左 右 対 照 じ ゃ な い ん だ よ っ て
       だ か ら 鏡 に 映 し て み た の さ
       世 の 中 全 て の も の を
       僕 の 目 に 映 す 前 に
       鏡 に 映 し て み る こ と に し た の さ
       
       西 か ら 昇 っ て た 太 陽 も
       東 へ 沈 ん で い く 月 も
       明 日 の 方 向 に 駆 け て い く 君 も
       怖 い 顔 で 笑 っ て た 母 さ ん も
       み ん な み ん な
       元 通 り に な っ た の さ 
       だ け ど ね
       僕 は 諸 手 を 挙 げ て
       喜 ぶ 気 に は な れ な い ん だ
       だ っ て そ う だ ろ
       い つ も
       鏡 に 映 し て
       見 な く ち ゃ い け な い ん だ か ら
       
       教 え て ほ し い
       僕 に
       ど こ か が 変 わ っ た
       君 の 駆 け て い く
       明 日 の 方 向 を

       

[PR]
by dreaming_star | 2004-05-12 22:52 |
<< のらねこ物語14 『 あっぷらー 』 詩 『 ワラウネコ 』 >>