詩 『 強すぎる思い 』
      
       
       強すぎる思いが
       君を遠ざけてしまったのだろう
       
       あんなにも
       愛してると
       言わなければ
       君は
       言葉の中
       偽りを探ることなく
       一歩ずつ
       遠ざかることもなかったろうに
       
       強すぎるこの思いが
       君を傷つけてしまったのだろう
       
       身に立てた刃で
       偽りのない
       この思いを
       証明さえしなければ
       君の
       こころを
       こんなにも
       傷つけはしなかったろうに
       
       どこかへ行ってしまいたい
       君が居なくなる前に
       
       どこかへ消えてしまいたい
       もうこれ以上
       君を傷つけてしまわぬうちに
       
       
[PR]
by dreaming_star | 2004-02-17 21:22 | 詩の目次1-100
<< ぷっちょ。 詩 『 折り紙 』 >>