のらねこ物語188 『 ララのせみとり 』
のらねこ物語 ララのせみとり こねこ 写真

a0001563_2105193.jpg

クロマがはっぱをつついてあそんでいると
ララがやってきました。
ララはいっぽんのきのまえでたちどまると

そのままじーっと
きをみあげてたっていました。

「ララちゃん、なにしてるの?」
クロマがそうきくと

a0001563_2115857.jpg

ララはきのみきにてをあてると
そっとささやくようにこたえました。

a0001563_2118404.jpg
「ほら、あそこにね、
アブラゼミがとまっているの。
このきをずっとたどっていったえだのさきよ
あんなたかいところにとまっているアブラゼミを
どうしたらつかまえられるかなって
アブラゼミをみつめながら
わたし、かんがえていたのよ。」

ララはきをみあげながらいいました。

a0001563_21365844.jpg

それから、
ララはきにのぼろうとしましたが、
まだきのぼりがじょうずでないララは
のぼったぶんだけするすると
すぐにじめんにおちてしまいました。

a0001563_21101453.jpg

かじってきをたおそうとしましたが
ララのかわいらしいけんしでは
きをたおすこともできませんでした。

かぜがひゅーとふいて
アブラゼミはとんでいってしまいました。
「あぁーっ。」
ララとクロマは
セミがそらのかなたへ
きえてみえなくなるまでみつめていました。

「セミさん、とんでいっちゃったね。」
アブラゼミがとんでいってざんねんだけれど
おおぞらをとんでいくすがたをみれてよかったね。
ララのことばがクロマにはそういっているようにきこえ
クロマはララにしせんをうつすと
にっこりほほえみまし
ララもクロマにほほえみかえしました。

それから、
ふたりはまたそらをみあげると
そらまでとどくほどのおおごえでわらいました。。

[PR]
by dreaming_star | 2005-07-22 21:10 | のらねこ物語
<< かあさんのねむりがお のらねこ物語187 『 ねぞう... >>