のらねこ物語187 『 ねぞうのわるいクロマ 』
のらねこ物語 ねぞうのわるいクロマ こねこ 写真

a0001563_210780.jpg

きょうのララはねむねむです。
かぜとおしのいいばしょで
ララがうつらうつらとしていると
クロマとチャトラがやってきました。

a0001563_2103175.jpg

ララとチャトラは
ちいさなクロマをまんなかにして
おひるねをすることにしました。

a0001563_210541.jpg

しばらくねむっていたララは
はながもぞもぞがゆくなり
めをさましました。
うっすらめをあけるとめのまえに
もじゃ、もじゃ、もじゃらがありました。
まっくろけの、けのさきに
おほしさまは、ありません。
わたし、
やみのせかいにまよいこんだのかしら?

ララがそうおもいはじめたころ
ララのはなは、またもぞがゆくなりました。
あたりをみまわすと
めのまえにクロマのおしりがありました。

a0001563_2112481.jpg

「もう、クロちゃんったら、びっくりさせないでよね!」
ぐっすりねむっているクロマのあたまを
ララは、ぽん、とたたきながらいいました。

a0001563_2114977.jpg

それからです。
クロマはからだをはんかいてんさせ
あおむけになると、
てあしをうごうごとうごかせて、

a0001563_2125440.jpg

しまいには、
チャトラのかおをつんつんと
あしでつっつきはじめました。

a0001563_2131793.jpg

「クロちゃん、クロちゃん!」
ララがそうこえをかけると
クロマはむっくりおきあがり
チャトラのそばにもどると
また、
ごろりん、ごろりんと、しはじめました。

a0001563_2141954.jpg

「クロちゃん、またそらをとんでるゆめみてるのね。」
あたまをさわっても
からだをつついても
ゆめのおおぞらをとびつづけ
ちっともめをさまさないクロマのことを
ララはいつまでも
やさしくみまもっていました。

[PR]
by dreaming_star | 2005-07-21 21:04 | のらねこ物語
<< のらねこ物語188 『 ララの... のらねこ物語186 『 ララと... >>