詩 『 言葉 』
       
       僕の連ねた言葉たち
       僕の置いてきた言葉たち
       いろんな人たちの眼に止まり
       いろんな思いで見てくれる
       それはそれで
       とても嬉しいのだけれど
       時に僕の気持ちとは
       少し違った風に捉えられている
       そう感じたとき
       とても悲しくなる
       
       ここに連ねた言葉たち
       どこかに置いてきた言葉たち
       いろんな人たちの眼に触れて
       いろんな想いを抱いてくれる
       それはそれで
       良かったのだと思いたいのだけれど
       僕が言いたかった気持ちは
       本当は伝わってないかも知れない
       そう感じたとき
       とても悲しくなる
       
       僕は今
       舌足らずのアナウンサーな気分
       どんなにボイストレーニングしても
       この癖は直らない
       
       僕は今
       舌足らずのアナウンサーな気分
       どんなにニュースを伝えたくても
       舌足らずだから出番がない
       
[PR]
by dreaming_star | 2004-04-28 20:23 |
<< 春の散歩道9 『 白い花とミツ... さくら茶猫のサクラちゃん。 >>