詩 『 春一番 』
a0001563_221150.jpg


       やまんばたちが競走していたよ
       やまんばたちが徒競走していたよ
       
       みんなすっごく速くてね
       誰が誰だか分かんなかったよ
       みんなすっごいスピードでね
       声をかけようにもかけられなかったよ
       
       やまんばたちが競走していたよ
       やまんばたちが徒競走していたよ
       
       みんなすっごく速いのにね
       一番を競って走っていたよ
       みんなすっごい声立てるからね
       僕の耳は壊れそうだったよ
       
       やまんばたちが競走していたよ
       やまんばたちが徒競走していたよ
       
       どこだどこだと春探し
       山の木ブンブン振るわせて
       やまんばたちが
       走り抜けて行ったよ
[PR]
by dreaming_star | 2004-02-15 22:11 | 詩の目次1-100
<< 詩 『 影 』 詩 『 雪解け 』 >>