詩 『 こんな夜は 』

       遥か遠く宇宙の果てに
       浮かぶ三日月と
       無数の星たち
       その輝きを見つけたとき
       
       迫り来る巨大隕石のように
       手を伸ばせば届きそうな
       月光と星たち
       その輝きを見せつけるとき
       
       見上げた夜空
       蒼いキャンバスの上
       点と点を結ぶと
       見えてくる星座盤
       
       月と星
       夜空のシンフォニー
       奏でる蒼い空の中
       隠れた星空を探す旅へ
[PR]
by dreaming_star | 2004-04-17 00:43 | 詩の目次1-100
<< 詩人の辞書 詩 『 小さな花嫁 』 >>