詩 『 詩人の種 』

       詩人になりたければ種を撒け
       持って生まれた感性という
       こころの花の種を撒き
       お前の花を咲き誇らせよ
       
       人はみな
       種を持って生まれる
       感性という
       こころの花の種を持ち
       その花を満開に
       咲かせるために生まれる
       
       身体の成長と共に
       幾多もの愛情に育まれ
       こころの花は
       その時を待つ
       
       さぁ、撒け
       詩人になるために
       お前のこころの花の種を
       
       恐れることはない
       観察力、洞察力、想像力、
       今まで培ってきたお前の全てが
       感性を補い、種を発芽させ
       見事な花を咲かせるだろうから

詩集 詩人の種
[PR]
by dreaming_star | 2004-12-30 22:57 |
<< 雪だ! ちょこっと気になる今日のニュース >>