詩 『 手に咲く桜 』

       満開を迎え
       散り始める桜の花
       ひらひら ひらひら
       風に吹かれ
       
       満開を終え
       地に降り立つ桜の花
       ひらひら ひらひら
       春の風に包まれる
       
       まどろむ桜木の下
       満開の桜の坂道が
       夢へと誘い
       
       後追い駆けて
       掴もうとした君の手には
       満開の桜の花が咲いている
       
[PR]
by dreaming_star | 2004-04-10 23:02 | 詩の目次1-100
<< 詩 『 憎まれっ子 』 春探し10 『 海の洗濯物 』 >>