詩 『 庭の大亀 』

       ぼくのうちにある庭
       ぼくはこの庭でずっと遊んできた
       
       庭の中央にある
       岩石を横たわおらせる一本橋
       その両脇を囲む
       砂利を敷き詰めた池
       枯山水を思わせるその池には
       大亀の形をした石がある
       
       幼い記憶が蘇る
       寒風の吹く
       まだ暑い夕日の輝く頃
       庭木に水やりをすると
       庭木がふっと笑い
       落葉樹が葉を舞わせ
       大亀は
       池の中に潜ろうとしていた
       
       ぼくは
       大亀の背に飛び乗った
       竜宮城に行こうとした
       あのとき
       ぼくは本当に
       竜宮城に行けると信じていた
       
       あの日のことが懐かしく思える
       今日も庭の落葉樹が
       彩りを増した葉を風に舞わせている
       大亀も楔色の苔を生やしながらも
       砂利道の池を泳ぎ回っている
      詩集 庭の大亀
[PR]
by dreaming_star | 2004-12-16 22:42 |
<< 詩 『 まどろみのひととき 』 ちょこっと気になる今日のニュース >>