詩 『 銀杏 』
a0001563_232019.jpg
       見るはずもない
       駅の改札に
       黄金色の
       花が舞う
       
       駅の改札
       きみは
       いつものように
       ポケットから
       定期券を取り出し
       駅員ににこり
       笑顔を見せる

       はらり
       銀杏の花が舞う

       ぼくは銀杏を拾い
       クルクルと枝を回しながら
       秋の色を確かめる
       
       もうそろそろ
       秋も終わりだね
       
       ぼくは
       きみの後姿に
       そう声をかける
詩集 銀杏
[PR]
by dreaming_star | 2004-12-02 23:08 |
<< ちょこっと気になる今日のニュース ちょこっと気になる今日のニュース >>