詩 『 希望の鳥 』

       こころよ
       ぼくのこころよ
       ぼくとお前を隔てるこの扉を開け
       この真っ青な大空に飛んでゆけ
       
       こころよ
       ぼくのこころよ
       ぼくとお前を防塞するこの楔を解き放ち
       この自由な大空に羽ばたいてゆけ
       
       時を奪われた日から
       お前は苦しみや災難に脅かされている
       傷心を抱き、闇に心を埋もらせながらも
       歌いたいという気持ちだけは持ち続けている
       
       歌でなくてもいい
       歌わなくてもいい
       ぼくのこころに響かせるその声が
       ぼくのこころを飛び立つ希望の鳥になるのさ
詩集 希望の鳥
[PR]
by dreaming_star | 2004-11-26 22:07 |
<< ちょこっと気になる今日のニュース 元気にしてるかな。 >>