詩 『 雨音 』

       今日の疲れを流すように降る雨
       ようやく落ち着いた頃
       その雨音に向かって
       ぽつり つぶやく
       おまえはいつからそこにいるんだい?
       雨音は暗闇の中に
       苦笑いをして消えていった
詩集 雨音   
[PR]
by dreaming_star | 2004-11-11 22:55 |
<< 詩 『 気合い 』 詩 『 相性 』 >>