詩 『 誕生日 』

       ちょこっと気になるあいつ
       生まれた日が気になる
       ぼくは聞いた
       あいつの誕生月
       「何月だい?」
       あいつは答えた
       「11月」
       ぼくもだよ!
       ますます
       気になるあいつ
       ぼくは聞いた
       あいつの誕生日
       「何日だい?」
       あいつは答える
       「○○日」
       うそ!
       ぼくとおんなじひ
       ・・・・・・・・・・・・
       
       ちょこっと気になるあいつ
       ちょっと見には
       とっつきにくそうな顔してるくせに
       しょうもないことを言って笑い
       みんなを
       豆鉄砲を喰らった鳩みたいに
       きょとんとさせている
       どおりであいつが気になるはずだ
       実はぼくも
       突拍子もないことを言って
       みんなをきょとんとさせる名人なのさ
       それも
       つまらないジョークなのだから仕方がない
       
       ねぇ、
       次の誕生日には
       豆鉄砲戦をしないかい?
       鳩も喰わない
       つまらないジョークを打ち合い
       互いの誕生日を祝うのも
       面白いと思うよ。

詩集 誕生日
[PR]
by dreaming_star | 2004-11-02 22:24 |
<< テスト・ザ・ネイション 新紙幣 >>