詩 『 救世主 』

        ぼやぼやするなと地は振るい
        ぼくのこころを奮い起こす
        
        おじいさんの古時計は止まってしまった
        だが、いまは
        故事がぼくのこころを奮い立たせる
         
        急げ、急げ!
        地を這い救済を求める声がする
         
        ぼくは空を駆け抜け
        あなたの元に飛んで行く
        スーパーマンのように
        
[PR]
by dreaming_star | 2004-10-25 22:34 |
<< のらねこ物語154 『 海の端... 詩 『 ヒイラギの花 』 >>