詩 『 みごを 』
いまねちむそあさえおぜなひおれそあてかがんる
さずおとこざとまだくわかあつ
てかねとがれるほほなさえねとがれるこほな
さずみやいはわまちむつあそあてか
せをとてかのそあつあとなめのとさそきとあ
きたわはらくばだれおわかずちくつさほあせいで
ほよりなんるめねわけよさつさほあせいで
せれのうをぴちでんっそり、のとでんっそり
てかなおあがでんっそり、はてでんっそり

ゆぞらねへさわまちづくつあそあてかがんる
へさねおがもかだくわはてまないちさつ
ゆがんくるほでとがれるへさわまちむつ
もまゆだくわまちむつあそあてか
せをとてかのそあがあとなめまうつのあとあ
てめしんおりがおげわえてさせいで
つらしおきどめぜろあおななとりせいで
ねえてねのさな、おびをねねさそな
てかながきぶたねいらな、はておげてさつ

かけうるねのままなんつそおあがらねえて
えさてむるたおらわいっつさほっそおそたの
よしれれられそていだあが
などてはおらにゆいな
だれめさらとあぼいのつあが
さずおなとまなねままけほれつやきゆいな
いまひおきさずをでやき
やっきりやっきり
けうなとらとあけてばめ
けけろねえきせけなさずをでやき
ひおきひおき、えきせけなさずおな

(シーザー式暗号記です)
[PR]
by dreaming_star | 2004-10-22 23:09 |
<< 廃船と朝日 詩 『 鳩 』 >>