詩 『 感謝 』

       誰かひとりに感謝されたら
       ぼくは十人に感謝しなきゃならない
       ぼくが貰った一つの感謝が
       十の感謝になり百の感謝になるんだ
       明日、明後日、明々後日
       何年後、何十年後か分からないけれど
       巡り巡ってぼくの元に
       その感謝は舞い戻ってくるんだ
       すごいじゃないか
       すばらしいじゃないか
       でもその為には
       憎らしいあんちくしょうにも感謝しなきゃならない
       
       今日は晴れだ
       てっきり雨だと思っていたのに
       朝日がメロディを奏でながら漂ってくる晴天だ
       ちくしょう、ありがとう!
       明日
       あんちくしょうも
       この朝を迎えるだろう
詩集 感謝
a0001563_21314146.jpg

[PR]
by dreaming_star | 2004-10-09 21:31 |
<< 詩 『 弱者のような 』 エキサイトブログ、メンテナンス... >>