詩 『 木犀 』
a0001563_2038485.jpg

                     木犀の漂える園に身を置く
                     橙黄色の花がぼくを見つめる
                     そこに聳え立つ木となり
                     そこに香り立つ花となりて
[PR]
by dreaming_star | 2004-10-02 20:38 |
<< のらねこ物語146 『 おもい 』 のらねこ物語145 『 たつじん 』 >>